初ワンコ生活。【くー】06年12月生、ヨーキー♂。体重*3カ月:0.85kg、4カ月:1.2kg、5カ月:1.7kg、6カ月:2.1kg、7カ月:2.3kg、8カ月:2.5kg、9カ月:2.6kg、10ヶ月:2.5kg、11カ月2.3kg、12カ月2.25kg
by wanko-qoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
犬のホルモンの話
去勢手術をするとき「マーキングをし始める前の方がいいかも」
ということを獣医さんに聞いて、
我が家でもその時期を見計らってやってもらいました。

ところが、手術の後になって、マーキングが頻繁になりました。
もちろん、去勢をすれば即しなくなる訳ではないといわれていたのですが
マーキング「癖」がつく前ならそのまましないかも、ということだったので
ちょっと期待していたのです。

しかし、今のくーは、ドッグランや散歩に行くと
あっちでちっち、こっちでちっちと自分の情報開示に余念がありません。
(なぜか家では足をあげません)

で。
くーが我が家に来たのは3ヶ月くらいだったのですが
その頃、すでに時々おもちゃに対してマウンティングをすることがありました。

気づくと、さとちんの右膝だけでマウンティングをするようになっていて
それは1日に1回のペースくらいになってました。
ほかのものではしなかったので別にいいか、と思い好きにやらせていましたが
去勢後はしなくなるのかな?と思っていました。

ところが、こちらも、手術を終えてしばらくしてもいっこうに少なくなる様子はなく
それどころか1回の時間が長くなっている・・・・・
しかも、おちん○んの出方が半端じゃない!
もうこれ以上は出ないって言うくらい根元まで長く(8センチくらい)伸びて
その状態のままマウンティングを続けるのです。

最初は「すごい〜」とびっくりしていた私たちでしたが
次第に問題が・・・・
なんとおちん○んが長く伸びすぎて、小さくなるときに外側の毛を巻き込み
きれいに中に戻らなくなってきたのです・・・。

こういうことってあるのかなぁ?

時には、中身がぷくっと膨らんだ状態で元に戻らなくなってたり・・・
本人はそのままでも別になんともないようでしたが
見てるととても痛そうなので
私はその度に巻き込んだ外側の毛を引っ張りだして必死で元通りにしていました。

そういうことが続いたので
ある日を境に、マウンティングをさせないようにしました。
さとちんの右膝でしかしてなかったので
させないようにすることは難しくありませんでした。
その回数は次第に減り、今ではほとんどしません。

そんな折、以前もここに書いた「ドッグズマインド」という本に
犬の性ホルモンについて詳しく書いてありました。

なんと犬の男性ホルモンは成長に従って増えるものではなく
生まれたときにボンッと増えるものらしい。
つまり生まれたときにすでに男性的能力は備わっている、ということで、
すごく小さなときにマウンティングしたのもなるほど納得。

ということは、“状況をみながら”足をあげはじめたら
(マーキング=男性ホルモンが増えてきたら)
去勢、というのも意味がないことでした。
はやかろうが、遅かろうが、男性ホルモンの量は変わらないからです。

(ちなみに、去勢によってマーキングやマウンティング行動がなくなるかというと
減る可能性は高いけど、変わらない場合もあるとのこと。
それから、犬の場合は去勢せずに子づくり行為をさせてあげたとしても
だからといって“欲求不満が解消する”ようなことはないらしいです。
とはいえ、犬になったことのある人はいないと思うので
どういう根拠でそれがわかるのかはわかりませんが。

犬はすでに長い時間をかけて“人間とともに暮らすパートナー”として
改変されてきたものなので、存在そのものがある意味不自然なもの。
本によるとヒートも本来は1回だったのを
出産させやすいよう、人が2回にかえてきたらしいです。
そう考えると現在の避妊・去勢手術は
やはり麻酔のリスクが一番の問題でしょうか)

一方で、犬の女性ホルモンはどうかというと、
これが非常に不思議なことですが、
男性ホルモンとは違って、“成長とともに増える”らしい。
ほー。

やはりヒートという定期的なものがあるからだろうか?

で、こちらの場合、ヒートそのものよりも
その前後に来る“気分の変化”というのが尋常じゃないほど大きいそうです。

よく、「食の好みが変わった」とか「最近ごはんを食べなくなった」とかいうのも
この“ヒート前後の気分の波”からくるもので、
女の仔の場合、1年に2回ヒートが来ると1回2ヶ月×2回で計4ヶ月ほどが
“ヒート前後の気分の波”によって、その仔が本来持つ性格とは
ほとんど別犬(!)になってるらしい!!!

だから女の仔の避妊は“年間通して気分を安定させる”という意味でも
大きなメリットがある、というような意味のことが書いてありました。

避妊手術をして性格が変わるというよりは
本来の性格がはっきりと出てきた、というのが本当らしいです。
ほえー。

いろいろ書きましたが、
私が意味を間違って理解した部分もあるかもしれないので
興味のある方は実際にこの本を読んでみることをオススメします。

f0132431_9253587.jpg

さて、なんでこんなことをかいたかというと、
今朝、さとちんの膝の上でへそ天になり、甘えていたくーのおちん○んから
久しぶりに中のものがにょきっと出てきたからです。

「こーふんしとるんかねぇ?」と話していたのですが
わかりません。
うれしょんする時にも出ていることはあるのでそうなのかもしれない。
[PR]
by wanko-qoo | 2008-04-10 17:02 | 疑問
<< 犬のヘアゴム ヨット柄のパーカ >>