初ワンコ生活。【くー】06年12月生、ヨーキー♂。体重*3カ月:0.85kg、4カ月:1.2kg、5カ月:1.7kg、6カ月:2.1kg、7カ月:2.3kg、8カ月:2.5kg、9カ月:2.6kg、10ヶ月:2.5kg、11カ月2.3kg、12カ月2.25kg
by wanko-qoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
3回目のワクチン
少しはやいけど、昨日、3回目のワクチンを打ちに行った。以前にも書いたが、さとちんはペットショップで紹介してもらった前回の獣医さんが2回目のワクチン注射の際、一度刺し損ねて結果、くーの二度に及ぶ断末魔の悲鳴を聞いて以来、病院を替えようと心に決めていたようだ。

くーと一緒に暮らし始めて、今までに意識しなかった自分のことや自分とさとちんのことなどを考え始めたことが非常に興味深い。「くーの悲鳴」は「きゃきゃきゃきゃん!」って感じだったのだが、私はそのことで病院を替えようなどということはもーとー考えなかったし、注射をし損ねたことについても(そういうこともあるだろう)と捉えていた。

しかし、さとちんにとっては「一大事」であり、「許せん」ことであり、病院を替えると決意させるほどのできごとであったのだ。しかも「もう注射を打つ場面にはかわいそうで立ち会えない」という。ここらへんの感じ方は、かなり性別の違いに因るところが大きいのではないかと思うとおもしろい。

まーそんな訳で結局彼の意志は固く、以前から車で通りかかってその清潔そうでシンプルなつくりが気に入っていた別の病院へ。私の仕事が終わってから行ったので時間は6時をまわっていて、副作用の心配があるのでほんとは午前中に出直してくださいといわれたのだが念のための救急病院などを紹介してもらい、なんとか処置してもらった。

注射の前に触診。便も正常で元気いっぱい。垂れ耳なので耳の中の汚れは気にしていつも耳掃除しているので「お耳の中はきれいにしてますね」といわれたのがうれしかった。診察室に入る前は空気を察したのか暴れ回っていたくーだったが、お尻で熱を計られる時は前回と違っておとなしい。

体重は1.2キロ。3カ月半で1.2キロって・・・・おっきくない?3週間前は850グラムだったのに。でも先生はくーの骨や筋肉に触って「まだ少し足りてないようなのでご飯の量を増やしてあげてください」と言った。ま、まだ増やすんですかっ!?

それからいよいよ注射タイムとなり、さとちんは診察室の外へ。ところが今回は打たれたことに気付かないほどスムーズに完了。「?」て顔をして、私が受け取って10秒くらいしてから痛みに気付き「きゃきゃん」と少しパニックになり、すぐに落ち着いた。新しい診察券にはくーの顔写真が入ってた。わが家に来てからまだ一度もカットに行ってないくーの毛は伸び放題で、診察券の写真もほとんどレッサーパンダ?と見まがうほどの丸い顔なんだけどそとちんは「かーわいい!」と親ばかぶり発揮。

「今日は安静にしてくださいね」といわれたけど待合室ですでに暴れん坊ぶり復帰。夜は少し熱っぽくなかなか寝つけなかったみたいだけど副作用も出ず、無事いつものように「朝ご飯ちょーだーい!!!!」の鳴き声で起こされた。

f0132431_13103199.jpg
[PR]
by wanko-qoo | 2007-03-27 13:10 | ワンコ
<< 海を遠くみる。 デジカメ >>